読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっログ!

漫画、ゲーム、アプリ、ファッション、映画、グルメとかを浅く広く書いてく雑記ブログ!「なっとく」は全てに優先するぜッ!

家事は年収いくら?共働き夫婦は共家事しないとヤバいかも!

あとで読む

共働き世代は、奥さんの家事負担が多い傾向にあるようです。

家事を仕事と捉えた場合、年収はいくらになるのでしょうか?

その年収を基準に、お互い納得する形で負担を分け合うことができるかもしれません。

共働き夫婦は奥さんの負担が大きい!?

先日職場の歓送迎会があったのですが、なかなかショッキングなことを聞いてしまいました。

 

うちの職場には共働き夫婦が2組いまして、その奥さん2人と同席になったんです。

気づけば旦那のグチ大会。

「子供がいなけりゃ離婚も辞さない」的な言葉も飛び出し、別テーブルにいる旦那さんがいたたまれなくなりました。

 

2人の奥さんに共通するのが「旦那さんが家事をほとんどやらない、というかできない」ということだったんですね。

「旦那は仕事のみ、私は仕事+家事、負担がまったく釣り合わない」とのこと。なるほど、納得の不満です。

ただ、奥さんは定時で帰りますが、旦那さんは残業してるんですよね。

残業代はカウントされないのか?どのくらい残業すれば、旦那が家事をしない夫婦間の負担が釣り合うのか?

その場では怖くて聞けませんでしたが、気になったので調べてみました。

 

内閣府の調査によると、家事の年収は300万円!?

「家事 年収」でググったところ、ドストライクな調査がヒットしました。

家事活動等の評価について−内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部(平成25年6月)【pdf】

簡潔に説明するとこんな感じです。

  1. 家事・介護・育児・買物・社会的活動を無償労働とする。
  2. 無償労働の年収=1人当たりの年間無償労働時間×時給×人口で算出する。
  3. 時給の決め方は機会費用法(Opportunity Cost method: OC法)と代替費用法(Replacement Cost method: RC法)の2パターンの方法で算出する。

時給の決め方は専門用語が並んでますが、こんな感じの意味です。

  • OC法:家事の代わりに働いたと仮定して、その時給を当てはめる方法
  • RC-S(Specialist)法:家事サービス職に従事する人の時給に当てはめる方法
  • RC-G(Generalist)法:家事使用人の時給に当てはめる方法

って感じ。

これらの方法で家事を年収に換算すると、

  • OC法:専業主婦が約304万円、兼業主婦が約223万円
  • RC−S法:専業主婦は約249万円
  • RC−G法:専業主婦は約226万円

となるようです。

RC法の兼業主婦に関してはいい結果が見当たりませんでしたが、OC法の約223万円を上回ることはなさそう。

 

共働き夫婦の負担を分け合うには!?

冒頭の共働き夫婦が負担を分け合って離婚を回避するには、旦那さんが約223万円余分に稼がなければならないことが分かりました。

残業代を223万円稼ぐのはあまり現実的ではないように思います。やはり家事を分担することが一番の方法ではないでしょうか。

 

平成26年度内閣府の調査によると、専業主婦世帯数720万に対して、共働き世帯数は1077万と大幅に上回っています。その割合は59.9%で、まだまだ増加傾向です。

平成26年度男女共同参画社会の形成の状況−内閣府男女共同参画局

しかし、奥さんの家事分担割合が50%以上、つまり奥さんの負担が大きい共働き世帯は全体の約70%であるとの調査結果もあります。

 

f:id:kobayashihirotaka:20160411221238p:plain

第2回全国家庭動向調査−国立社会保障・人口問題研究所査より引用)

 

僕の職場でのケースは決して珍しくはない、ということですね。この傾向が続けば、離婚が増えるのも仕方ない気がします。

 

家事と仕事のツラさは簡単に比べられるものではありませんが、家事の年収=223万円というのは一つの基準になるのではないでしょうか?

共働き夫婦はお互い納得する形で負担を分け合い、いい夫婦関係を築いていきたいものです。