なっログ!

漫画、ゲーム、アプリ、ファッション、映画、グルメとかを浅く広く書いてく雑記ブログ!「なっとく」は全てに優先するぜッ!

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の感想・評価・レビュー【ネタバレ、続編への伏線や謎 etc.】

あとで読む

f:id:kobayashihirotaka:20161124230919j:plain

 

11/23公開の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観てきたので感想・評価・レビュー書きます。

「ハリーポッター」のスピンオフと侮るなかれ、笑い・緊張・感動が詰まった良作ダーク・ファンタジーでした!

 

 

予告動画

 

主要人物とキャスト

子どもたちがメインだった「ハリー・ポッター」とは大きく様変わりし、登場人物のほとんどが大人です。

 

ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)

f:id:kobayashihirotaka:20161124201710j:plain

 

本作の主人公。魔法生物の調査、保護のため世界中を旅する魔法動物学者。性格はコミュ症で、人間より動物好き。

ホグワーツ魔術学校の生徒だったが、魔法生物のせいで人命を危険にさらしたため、ダンブルドアの反対も叶わず追放されてしまったという過去を持つ。

退学後は魔法省で勤務。休暇中に世界を回り、魔法生物に関する本を執筆することを決意する。旅の途中でNYを訪れるが、トランクから魔法動物を逃してしまい、MACUSA(アメリカ合衆国魔法議会)から追われる身に。

後の世の教科書「幻の動物とその生息地」の著者となる人物。

 

完全にエディ・レッドメインがはまり役でした。人としゃべるときの目の泳ぎ方とか半笑いの仕方とか、コミュ症全開。かたや大好きな魔法生物と絡んでいるときはめちゃめちゃ楽しそう。テンションの上がり方もオタク!って感じがとても出てましたね。

 

著書である「幻の動物とその生息地」は、実際に書籍として販売されています。88の魔法動物の生態がまとめられており、ハリーやロンの落書きもあって楽しいですよ。

もちろん本作に登場する魔法生物も取り上げられています。

 

 

ポーペンチナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)

f:id:kobayashihirotaka:20161124201734j:plain


本作のヒロイン。ニューヨークに住み、MACUSAで働いている魔女。愛称はティナ。

闇の魔法使い・魔女の逮捕を専門とする”闇祓い”だったが、ある事件において無断で魔法を使い、降格されてしまう。職務復帰のため、法律を破ったニュートを追うも、かくかくしかじかで共に行動することに。

 

マジメ空回り系魔女という素晴らしいキャラ。こんな黒髪ショートが似合う女性いるの!?って思ってたら、演じるキャサリン・ウォーターストンは今年36歳らしい。マジかよ。

 

 

クイーニー・ゴールドスタイン(アリソン・スドル)

f:id:kobayashihirotaka:20161124201755j:plain

 

ティナの妹。露出度が高く、いつも男を誘惑しているが、芯の通った強さを持つ魔女。
MACUSAで単調なデスクワークをしている。心を読む能力の持ち主。

 

脇役として非常に魅力的なキャラでした。やや地味なヒロインを補い、絵面を華のあるものにしてくれる。一見軽い女性に見えるが、ピンチの時には率先して周りを助ける。さらに意外なロマンスも…。

 

 

ジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)

f:id:kobayashihirotaka:20161124201847j:plain


缶詰工場で働く”ノー・マジ(魔法が使えない普通の人間)”。夢であったパン屋を開くため銀行へ行くが、融資を受けられず落胆していたところ、ニュート・スキャマンダーと偶然に出会い、魔法の世界を目撃することに。

 

本作のお笑い担当…と思いきや主人公を食うほど印象に残る素晴らしいキャラ。笑いはもちろん、ニュートとの奇妙な友情、さらに…いいところ全て持っていきました。

 

 

パーシバル・グレイブス(コリン・ファレル)

f:id:kobayashihirotaka:20161124202441j:plain


MACUSA(アメリカ合衆国魔法議会)の長官で闇祓い。最高ランクの役人で最も尊敬される人物のひとりである。 

若くてもろい青年クリーデンス・ベアボーンを気遣い、思いやりを示しているように見えるが、いったいそれは何のためなのか?

 


メアリー・ルー・ベアボーン(サマンサ・モートン)

f:id:kobayashihirotaka:20161124202701j:plain


ノー・マジで、過激派反魔法結社NSPS(新セーレム救世軍)のリーダーである、アブないおばちゃん。

養子の子供たちを積極的に参加させているが、子供たちは全員、彼女の逆鱗に触れることを恐れながら生きている。

 

 

クリーデンス・ベアボーン(エズラ・ミラー)

f:id:kobayashihirotaka:20161124202908j:plain


メアリー・ルー・ベアボーンの3人の養子のうちの一人。内にこもり、ことのほか気が弱く、ふたりの姉妹以上にもろい性格。

義母メアリーから虐待を受けており心も体もボロボロな状態だが、グレイブスのフォロー(?)でなんとか保っている。

 

東方常秀にしか見えない。

f:id:kobayashihirotaka:20161124204512j:plain

 

 

ネタバレなしの感想・レビュー

「ハリーポッター」のスピンオフとして製作された「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。原作著者のJ・K・ローリングさん初の映画脚本デビュー作、3部作の予定を変更して5部作になるなど話題になりました。

 

ひたすらファンタジー推しだった「ハリーポッター」に比べ、舞台はニューヨーク、メインキャラにも普通の人間を加えたということで、少し安っぽい仕上がりになるんじゃ…?と思っていましたが、いらない心配でした。超面白かったです。

 

主人公・ニュートとノーマジ・ジェイコブのキャラクター、ユニークすぎる魔法生物たちに笑わされ、魔法界と人間界の危ういバランスや、抑圧され歪んだ子供の姿にハラハラし、切ない恋と暖かい友情に感動する…。

エンターテイメント作品に必要な要素がほとんど詰まっていた傑作。ぜひ映画館で観てくださいね!

 

※ 以下は作品のネタバレを含みます!

 

3分でわかるネタバレ全開のあらすじ

f:id:kobayashihirotaka:20161124230512j:plain

闇の魔法使い・グリンデルバルドが指名手配され、謎の”黒い影”による街の破壊が起きていた1920年のニューヨークに、世界中を旅する魔法生物学者・ニュートが訪れる。

無数の魔法生物をトランクの中に飼っているニュートだが、”ノー・マジ”ジェイコブのトランクと入れ違いになり、魔法生物たちを逃してしまう。

街中では、事件の裏に魔法があるのではないか、と声高に主張するNSPS(新セーレム救世軍)リーダー・メアリーの姿があった…。

 

f:id:kobayashihirotaka:20161124231230j:plain

魔法生物を逃したことでMACUSA(アメリカ合衆国魔法議会)所属の魔女・ティナに詰められるニュートン。なんやかんやあってティナ、ジェイコブと協力しつつ逃げた魔法生物を捕まえていく。

しかし、時を同じくして発生した”黒い影”による議員殺害の容疑をかけられ、投獄され処刑を宣告されてしまうが、クイニーや魔法生物たちの力を借り脱出する。

 

f:id:kobayashihirotaka:20161124230557j:plain

”黒い影”の正体は魔法の力を抑制された子供に宿り、その生命力を吸いつくして殺し、暴走する生命体「オブスキュラス」であり、その宿主はグリーデンスだった。彼を虐待していたメアリーを殺害し、グリーデンスを利用していたグレイブスの心ない一言で暴走するオブスキュラスは、ニューヨークの街を破壊し尽くしていく。

グリーデンスを落ち着かせようとするニュート、さらに利用しようとするグレイブスだったが、オブスキュラスは集結したMACUSA職員の魔法を受け、宿主のクリーデンスごと消滅してしまう。

激昂し、MACUSAに反旗を翻したグレイブスはニュートに拘束される。グレイブスの正体は、指名手配中の闇の魔法使い・グリンデルバルドだった。

一連の事件により、ニューヨーク中に魔法の存在がバレるが、魔法生物・サンダーバードの力を借り、忘却薬を雨に混ぜて振らせることでなんとか解決する。クイニーと想いが通じあったジェイコブも、全てを忘れて人間世界へ帰っていく…。

 

時が経ち、再び工場で働くジェイコブ。トランクを開けると魔法生物・オカミーの純銀の卵と1枚の手紙が。トランクはニュートが入れ替えたものだった。

パン屋を開く夢を叶えたジェイコブ。ユニークな形のパンを売る「コワルスキーのベーカリー」は大成功。パンは全て魔法生物の姿を模していました。ある日、パン屋に訪れるクイニーに気づくジェイコブ。魔法の記憶は残っていたのかもしれません…。

 

 

ネタバレありの感想・レビュー

映画専用の脚本が素晴らしい!

本作の脚本は「ハリー・ポッター」原作者のJ・K・ローリングさんが担当しています。小説家である彼女の初映画脚本ということでどうなることかと心配していましたが、非常に素晴らしい脚本でした。

序盤のどたばたアクション、コミカルなキャラ紹介と魔法生物捕獲パート、終盤はダーク&シリアスなバトル、ラストはハートフル、と観ていて全く飽きないストーリー展開で、約2時間半があっという間に感じました。テンポも良く、コミカルとシリアスのギャップも印象的。悪役が少しショボい、という欠点はありましたが、5部作のスタートという意味ではこのくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

1926年のニューヨークという舞台設定が見事!

映画を観ていてまず感じたのが、1926年のニューヨークという舞台設定の巧みさです。この時代のアメリカは「狂騒の20年代」と呼ばれ、製造業を主とした経済の急成長と消費の拡大、それに伴う貧富の差が拡大しました。

街中で魔法を使うにあたって、高層ビルだらけの現代では浮いちゃうし、かといって中世ではファンタジーとあまり大差ない。昔過ぎず今過ぎない「1926年」がドンピシャなわけです。また、現代化していく人間が、魔法を危険視する感じも上手く表現されていましたね。

 

魔法生物たちが個性的すぎ&可愛すぎ!

本作の目玉である魔法生物たちも、いい味を出していました。金目のもの好きなニンフーの憎めないいたずらっ子感、情報と引き換えに差し出されてスネるボウトラックルのいじらしさなど、J・K・ローリングが生み出す魔法生物たちは現実に生息してそうなリアルさと可愛さを兼ね備えた造形、ユニークな特徴を持っていてとても印象に残りますね。ニュートのトランクの中をもっと見ていたかった…。

環境に合わせて大きさを変えるオカミーの捕獲シーンはとても面白かったです。まさかゴ◯ブリがあそこまでフューチャーされるとは…。

最後のバトルは魔法生物を総動員した「ファンタジーさるかに合戦」みたいなのを期待していたのですが、活躍してたのは脳ミソをすする(!)スウィーピング・イーヴルだけでしたね。

 

ストーリーのシリアスさも群を抜いている!

「ファンタスティック・ビースト」の良さは、コミカルとシリアスが絶妙なバランスで同居している点です。ニュートとジェイコブ(=グリンデルバルド)が織りなすコミカルパートの分、シリアスパートはダークで重厚なものに仕上がっていました。

まずニューヨークの街を破壊していた元凶「オブスキュラス」を生んだクリーデンス。義母に虐待され、グレイブスには利用され、罵られ暴走した挙句、集結したMACUSAに殺されてしまいました。これは本当にかわいそうで、心が痛みました。

クリーデンスの妹も虚ろな目で魔女狩りの歌を口ずさみ、かなり闇を抱えている様子。執拗にオブスキュラスを探していたグリンデルバルドの「覚えておけ」という捨てゼリフも気になります。まだまだ問題は山積みですね。

そして、事故とはいえ魔法により若き大統領候補を失ったニューヨーク市民と、リーダーを失ったNSPS(新セーレム救世軍)。本作のラストでは記憶を抹消できましたが、遺恨を完全に消すことはできたのでしょうか?

70年後の「ハリー・ポッター」の世界では、魔法界と人間界はほぼ完全に隔絶されています。続編ではおそらく魔法界vs人間界の争いが描かれることになるでしょう。

ちなみに「新セーレム救世軍」は、1694年にマサチューセッツ州で起きた「セイラム魔女裁判」が元ネタと思われます。無実の人々が次々に告発され、25名が命を落とした悲惨な事件でした。不穏な空気が漂いまくりですね…。

 

続編への伏線・謎まとめ

リタ・レストレンジって誰?

ニュートのトランクの中で飾られている”リタ・レストレンジ”の写真。心が読めるクイニーによると、ニュートとの間に悲しい過去があったみたい。その辺のストーリーは続編で語られるのでしょうか?

 

そして、レストレンジ性といえば「ハリー・ポッター」でシリウス・ブラックを始め数々の登場人物を殺害した死喰い人・ベラトリックス・レストレンジ

f:id:kobayashihirotaka:20161124232358j:plain

ヘレナ・ボナム=カーターのはまり役でしたね。作中屈指の悪役である彼女との関係はあるのでしょうか?

 

グリンデルバルドはどうなる?

物語の終盤、エリート役人・グレイブスの正体が指名手配中の闇の魔法使い・グリンデルバルドであると明かされました。

そのグリンデルバルドを演じていたのが、名優ジョニー・デップ。なかなかのサプライズでしたね。

f:id:kobayashihirotaka:20161124232737j:plain

 

さてこのグリンデルバルド、魔法界ではヴォルデモートの次に強力な闇の魔法使いと言われています。

本家「ハリーポッター」にも登場しており、ダンブルドアの親友でしたが、決裂。決闘の末にダンブルドアの妹・アリアナが死亡するという悲劇を引き起こします。

その後、重要アイテム「ニワトコの杖」を手に入れたものの、1945年に起きたダンブルドアとの再決闘に敗れ、収監されていたところをヴォルデモートに殺害されます。

「ファンタスティック・ビースト」の続編ではどこまで描かれるのでしょうか?

 

クリーデンスはどうなる?

f:id:kobayashihirotaka:20161125002039j:plain

義母に虐待され、オブスキュラスに取り憑かれ、グレイブスに利用され、暴走したオブスキュラスと共に消滅させられた東方常秀ことクリーデンス

ぐうの音も出ないほど可哀想な彼ですが、地下鉄から外へ逃れる赤黒い影がありました。復活フラグでしょうか?

綺麗なクリーデンスになるのか?より邪悪なクリーデンスになるのか?それともスタンド能力を身につけるのかァーッ!?

…To be continued.

 

ジェイコブはどうなる?

f:id:kobayashihirotaka:20161124235628j:plain

魔法が使えない普通の人間でありながら、魔法生物の神秘に触れ、ニュートと友情を培い、美魔女と恋までしてしまった作中最高のリア充・ジェイコブ

記憶を失った後も、パン屋開業の資金をもらい、パン屋も大成功。さらに美魔女に追っかけられるという羨ましすぎるラストを迎えた彼ですが、続編での出番はあるのでしょうか?

個人的には必ずあると思います。魔法界と人間界の確執が深まりそうな今作において、2つをつなぐかけ橋になれるのがジェイコブ・クイニーのカップル。ここをうまく使わない手はないでしょう。この2人には幸せになってもらいたいものです。

 

ニュートはどうなる?

f:id:kobayashihirotaka:20161125000605j:plain

騒動を巻き起こしながらも、ニューヨークの危機を救ったニュート。物語のラスト、他国への旅に出る彼を見送ったのはまじめ空回り系魔女・ティナでした。

本が書けたら直接渡しに来る、という約束をするニュート。ここにもリア充がいましたよ。

 

魔法界で教科書にもなる大ベストセラー「幻の動物とその生息地」を書き上げるのは1927年。本作から1年後のことです。今後の「ファンタスティック・ビースト」シリーズはどんな物語が描かれるのでしょうか?とても楽しみです。

また、本家「ハリーポッター」の登場人物ルーナ・ラブグッドと結婚するロルフ・スキャマンダーは、ニュートの孫に当たります。はたしてニュートとくっつくのは誰なのか!?

早く続編が観たい!

 

 

本家「ハリー・ポッター」を観るなら動画配信サービスがおすすめ!

「ファンタスティック・ビースト」を観れば、必ず本家「ハリー・ポッター」も観たくなるはず!

ニュート・スキャマンダーは、作中に出てくる教科書の著者であったり、重要アイテム”忍びの地図”に名前が載っているなど、関連ポイントを見つけるだけでも楽しめますよ。

 

レンタルもいいですが、今は登録するだけで見放題な動画配信サービスがおすすめです。「ハリー・ポッター」シリーズを取り扱っている動画配信サービスは以下の2つ。リンクからお試し登録できるのでどうぞ。

  1. dTV(月額500円、31日間お試し期間あり)
  2. U-NEXT(月額1,990円、31日間のお試し+600ポイントプレゼント)